読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKためしてガッテンのおわびについて

ためしてガッテンのおわびってどうなの?NHKさん。

NHKためしてガッテンのおわびについて

ためしてガッテンとは?

毎回、近い生活の話題下やテーマを、最新の科学を駆使・実践して行くことで今までのNHKガッテン常識を覆して、新しい常識を発見して行く。 民放のおわび情報プログラムと比較すると演出は多少押す兆しが見えて、地味なテーマを上げることである。 1995年(1995年) 3月29日にNHK放送された第1回のガッテンテーマは「壷健康法の壷」だ。

以前には、同じジャンルが代表的NHKな2個の物(例としてコーヒーと緑茶)おわびを比較して、それぞれの相対的な良い点と悪い点を上げて行くといえというガッテンスタイルで行われた。 しかし、結論は毎回とも適材適所になりあったガッテン。 その後はおわび一つの商品を対象に深く食い込んで、NHK効果的な利用方法の紹介というスタイルに変わっている。 2000年代中間では、雑誌や民放が放送したガッテンプログラムでおわびセンセーショナルにあげた健康食品などの効果を再検証して、その信憑性に警鐘を鳴らす企画もNHK放送している。

プログラムで特定の企業に属する商品は取り扱わないで、一般的にNHK全国規模でガッテン生産されている健康食品などを取り扱うことが多い。 効果蟻と扱うことができたおわび物は爆発的に売れることが多くて、良く知られた自然食品中(案)には翌日、品切れする店が続出している。 また、NHK古くからどんなガッテン自然食品などにおいて、民放などが有害性分があるなどだと警鐘を鳴らせば、それに対しても反証をするなど年安全性を確認している。

2000年(2000年)からは、過去のNHK放送や要請が多いテーマに対して、視聴者からのおわび疑問・質問に答える「ガッテン」を不定期するように放送する。 検証や追加実験などで中(案)新しい事実を混ぜて、解決法を紹介する。

2007年(2007年) 3月7日NHK放送よりハイビジョン収録・ハイビジョン製作をする。

NHK放送を整理したVHSビデオが第1期・第2期はそれぞれ5冊市販された。 DVDはガッテンポニーキャニオンで4タイトル2007年(2007年) 8月17日に市販された。

2009年(2009年) 2月4日のNHK放送は、インフルエンザが急激な流行にともなう「緊急生放送ガッテン! インフルエンザ最新対策おわび」と突然に予定を変更して生放送された[注釈2].

2006年(2006年) 3月にNHKから公表された1放送おわび一回当たりの製作費は1,680万円で、読売新聞の報道によれば、民放の類似プログラムガッテンの約半額程度ことだ。 1個の製作するのにも6週間かかって、その中4週間がおわび予備実験に使ってしまう[1].

扱う食品材料の産地などによって、製作が地方(脂肪)国名医になることがある。